顔なじみの(=^・^=)たち

今年最後の仕事を終え、家路を急ぐ途中・・・

DSC_0092    DSC_0093

いました!いました!

今日もいつもの場所に・・・。

駅から家までのの道沿いに2か所の(=^・^=)スポット。

 

とりたてて親しくしているわけではないけれど、お互いの存在を認め合っている仲。

私の足音を聞きつけて「ま、興味はないけどね・・・」とつぶやきながらも、なんとなく

姿をみせる彼ら。

 

いつぞや考え事をしながら歩いていて、彼らに気づかなかった私。

後ろにかすかな気配を感じて振り返ると・・・。

「なーに、無視してんのよう・・・」

一匹がトコトコついてきているではありませんか。

そうかそうか、ちゃんと「顔なじみ」と認めてくれてるんだね。

 

ちょっと嬉しかったなあ。

さかなクン

昨日、たまたまテレビをつけていたら「さかなクン」についての2時間番組をしてて、思わず

最後まで視ました。

 

私ははかねてより「さかなクン」が大好き。

どこが好きかって・・・?

ただただ好きなことに没頭しているピュアなエネルギーに引き込まれるのです。

世のしがらみにも、権威にも無頓着で、やりたいことを純粋に楽しんでいる。

 

だからこそ、奇跡のようなことが起こるのですね。

あのクニマスの発見は有名です。

また、高校生の時人工では難しいとされていたカブトガニの孵化に成功したり、

潜水中、絶対人に近寄らないような警戒心の強い珍しい魚が向こうから寄ってきたり。

さかなに夢中であるあまり成績は悪くて、順当にはいかなかった研究者への道も、結果的に環境が整って

いくのです。

 

好きなことをに全力でやっている人には、不思議とその人を押し上げる、宇宙の力のようなものが

働くのではないか・・・。

その人のところには自然に人や材料が集まり、シナリオが準備されているようです。

 

誰もがさかなクンのように「純粋な好き」に出会い、好きなことにたずさわって生きることができたなら・・。

この世界のエネルギーは変わるでしょうね。

 

きっと多くの人は望んでいると思うのです。

ani045

 

 

 

はじめてのインフルエンザ対策

インフルエンザ予防接種を受けてきました。

大人になってから初めてのことです。

 

今年は娘が受験生なのですが、

「家族で予防接種を受けないと、本人だけ受けても意味がないらしいよ」と複数の人から聞かされました。

うーん、仕方がない、不本意だけど今年だけは受けておこうか・・・。

 

今まで「私は風邪をひかない、インフルエンザにもかからない」という根拠のない妙な自信のもと、

予防接種を受けたことはありませんでした。

 

そして実際、今までにインフルエンザにかかったのはおととしの一度きりです。

その時はさすがに敗北感を味わいましたが、その敗北感はすぐに”自力で直すぞ”というやる気にすり替わり、

病院にもいかず3日ほど寝て、無事回復したのでした。

なので「インフルエンザなんて怖くない!」と、ますます自信を深める結果となりました。

 

毎年のように実家の兄とかわす会話・・。

「うちの家はどうもインフルエンザに強い体質らしい。どんなに周りではやっていても僕らはかかったことがない」

「そうそう、予防接種なんて受けもしないのにね、うがいや手洗いさえまともにしてないわ」

 

この思い込み、自分のDNAに対する信頼、これこそが自分を魔法にかけているのかも。

さてさて、予防接種を受けようが受けまいが、私は今年も元気に過ごしまする。

 

DSC_0090kiku   いつのまにか自生した、庭の菊。

 

 

生き物を飼う

玄関に置いている小さな水槽。

ヒレアカ

6匹のアカヒレが泳いでいます。

水槽の前に立つと、エサをもらおうと尻尾をブンブンふりながら寄ってくるのが愛らしい。

無心にパクパクとエサを食べる様子をみるのはいいものです。

子供の頃、庭の池の鯉に、エサのお麩をあげていた時と変わらない楽しさがあります。

生き物とのふれあいは、何か癒やされますね。

 

今までに飼育した生き物・・。

ヤゴ、何匹もトンボになって飛んでいきました。

アゲハチョウやモンシロチョウの幼虫、ある日蝶になっているのを見つけたときは感動します。

カマキリの卵、おびただしい子カマキリの発生にびっくり。

コクワガタ、幼虫から飼って成虫になり、世代交代もあり数年飼いました。

メダカ、卵が次々孵化してどんどん増えましたが、最後は病気で全滅。

 

小学生の時の忘れられない出来事・・・。

担任の先生が、二個のカメの卵を学校に持ってこられました。

先生が休日に農作業をしていて見つけたのだそうです。

クラスで私ともう一人の子が貰い受け、家で飼育することに。

 

洗面器に湿った土を入れ、卵をうめて、自然に近い状態で孵化を待つのです。

楽しみにカメの誕生を待ちました。

何日も何日もたって・・・なかなか孵化する様子はありません。

中学生の兄は、「これはヘビの卵だろう」と言います。

カメじゃなくヘビだったら、孵化しても飼えないじゃないか・・・。

 

待ちきれなさと、ヘビかカメか確かめたい衝動にかられた私は、ある日とうとう

故意に卵を割ってしまったのです。

中から出てきたのは、孵化間近のカメの赤ちゃん。

ちゃんと動いていました。

取り返しのつかないことをしてしまった・・

放心したようにしばらく動くことができませんでした。

 

この世には、やってしまってからではどうしようもないことがある。

そんなことを知った、心の痛む思い出です。