岡本太郎さんのこと

岡本太郎さんの本が目に留まりました。

「孤独がきみを強くする」

 

既に亡くなられていますが、こうして作品や著書にふれると、つながることができます。

その言葉は、今読んでもこの瞬間に輝いていて、私の中にぐんぐん入ってきます。

私の魂は純粋であるか・・・

問いかけずにはいられません。

本物とはこういうことなんだ!と悟ります。

 

これほどまでに純粋な人はそういない。

真っ向からそのままの自分を世間にさらけ出し、挑み続けたその生涯。

作品だけでなく、生き方そのものが強烈なメッセージでした。

 

私が20代の頃だったか、よくTVにも出ていらっしゃいました。

今でも印象に残っている場面があります。

その当時子役で人気者だった、間下このみちゃんとの対談。

相手が子供であることなどお構いなしに、目をひんむいて芸術について語る姿は、とても魅力的でした。

このみちゃんは、いつもの子役としてのこなれた表情ではなく、驚愕のあまり言葉も出てこないといった面食らった顔。

子役としての役割など吹っ飛んでいたけれど、でも二人の間には人間同士の確かなものが流れていました。

相手が子供だからと一切妥協することなく、そのまま自分を押し出している姿が、本物の空間を創っていました。

 

また別の対談番組で、子供の頃、学校を何度も変わった話をされていました(徹子の部屋だったか・・・??)

先生が純粋でないとすぐに見抜いてしまい、そうするともう人として尊敬することができなかったと。

太郎さんらしいエピソードです。

(子供は大人をよくみています、私も子供の頃いろいろと感じるところがありました)

 

車で田舎に帰省する際のちょっとした楽しみ。

高速道で大阪の万博公園あたりを通過する時、「太陽の塔」に出会うことができます。

「あっ、太陽の塔!」

みつけると毎回叫んでいます。

単純に嬉しくなるのです。

宇宙に向かって、みんなの心を解き放ってくれるような、あの姿。

岡本太郎さんそのものです。

 

 

2017年10月28日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : naomi-room

もういかなきゃなんない

ぼくもういかなきゃなんない

すぐいかなきゃなんない

どこへいくのかわからないけど

さくらなみきのしたをとおって

おおどおりをしんごうでわたって

いつもながめてるやまをめじるしに

ひとりでいかなきゃなんない

どうしてなのかしらないけど

・・・・(続く)

 

谷川俊太郎さんの「さようなら」という詩の前半です。

心をぎゅっとつかまれます。

 

「さくらなみきのしたをとおって おおどおりをしんごうでわたって いつもながめてるやまをめじるしに」

私は毎日のように、私の住む町にある、この詩の情景とぴったりの道を通ります。

この何気ない日常から、たった一人で、「いかなきゃなんない」日があるのです。

どこへいくのかわからないけど・・

どうしてなのかしらないけど・・・

 

わかっているのは、それが自分の歩いていく道だということだけなのですね。

 

詩をたどるとき、私は「ぼく」になっている

詩の「ぼく」を見ている私もいる

身近なひとが「ぼく」になっていることもある

心のいろんな扉をノックする詩です。

 

詩の最後のところ

だからとおくにいてもさびしくないよ

ぼくもういかなきゃなんない

ここもとても好き。

切ないけれどとても好き。

 

秋の日、たまには詩集をひらいてみようかな・・・

 

 

2017年10月12日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : naomi-room