カウンセリング

当ルームのカウンセリング

              

『すべての人は、一人ひとり唯一無二のユニークでかけがえのない存在です。その個性、能力を最大限に発揮させようとする創造的な存在であり、主体的に自分の人生を生きる力を持っています』
これはヒューマニスティック心理学の人間観に通じるもので、心理職としての私自身のベースになっています。
このような人間観を信頼して、誰もが本来の自分の本質のままに、その個性 能力を発揮できるとよいのですが、人は時に自分に違和感を覚えたり、困難な現実を乗り越えがたく感じたりすることがあるかと思います。
そんなときは、カウンセリングで一度じっくりと心の探索をしてみてはどうでしょう。
一例ですが、人は成長過程で周りの大人の価値観を自分のものとし、人の期待に応える生き方をしていたり、傷ついた自分を護るための生き方を身につけて、本来の自分らしさから遠ざかってしまっていることがあります。
それはそれで、必死に生きていることに変わりなく、一見うまくいっているようにみえるかもしれません。ところが、本来の自分から遠ざかった生き方は、無理を重ねているので、どこかでひずみが出てきてしまいます。

カウンセリングで「話す」「聴く」「共に感じる」などの純粋な交流の中で、必要なプロセスが動き始めます。具体的には、傷が癒される、不都合な偏りを手放す、心が軽くなる、本来の自分らしさと出会う、などのことが起るように思います。
それは現実を乗り越えていく力になります。
自分の中から純粋にあふれるエネルギーに素直に、自信を持って歩む、それがカウンセリングの目指すところだと考えます。

カウンセリングの手法は、各種療法の統合的なスタイルをとっています。
少し専門的な話になりますが、来談者中心療法、家族療法、ゲシュタルト療法、フォーカシング、認知行動療法、ブリーフセラピーなどがベースになっていますが、何よりもご相談者とカウンセラーによって作り出されるその場の感覚を大切にして進めます。

ご本人がお越しになれない場合は、他のご家族が取り組まれることをお奨めしています。家族の一人の変化が、家族全体のエネルギーに影響を与え、ご本人の変容へとつながっていく可能性が十分あります。
一見、問題を持っているようにみえる一人が、家族全体の困難さを背負っていることはよくあり、どんなことも家族全体のテーマとして捉えていきます。
あなたや大切なご家族が、より良い人生を歩めるよう、心を込めてお手伝いします。
守秘義務を遵守いたします。安心してお話しください。

ご相談内容の一例

生きづらさ / 心の安定 / 自己実現(本来の力、個性を最大に発揮したい)
家族のこと / 家族との関係 / 子育て / 虐待
対人関係 / 仕事のこと / 発達障害 / 不登校  
自分を肯定できない / 感情に振り回される / 孤独感 
更年期で辛い / 心因による身体の不調 / 闘病中の心の整理 
グリーフ(大切な人を亡くした後の不調) / ペットロス     
インナーチャイルド / 人生の選択 / 過去の傷