もういかなきゃなんない

ぼくもういかなきゃなんない

すぐいかなきゃなんない

どこへいくのかわからないけど

さくらなみきのしたをとおって

おおどおりをしんごうでわたって

いつもながめてるやまをめじるしに

ひとりでいかなきゃなんない

どうしてなのかしらないけど

・・・・(続く)

 

谷川俊太郎さんの「さようなら」という詩の前半です。

心をぎゅっとつかまれます。

 

「さくらなみきのしたをとおって おおどおりをしんごうでわたって いつもながめてるやまをめじるしに」

私は毎日のように、私の住む町にある、この詩の情景とぴったりの道を通ります。

この何気ない日常から、たった一人で、「いかなきゃなんない」日があるのです。

どこへいくのかわからないけど・・

どうしてなのかしらないけど・・・

 

わかっているのは、それが自分の歩いていく道だということだけなのですね。

 

詩をたどるとき、私は「ぼく」になっている

詩の「ぼく」を見ている私もいる

身近なひとが「ぼく」になっていることもある

心のいろんな扉をノックする詩です。

 

詩の最後のところ

だからとおくにいてもさびしくないよ

ぼくもういかなきゃなんない

ここもとても好き。

切ないけれどとても好き。

 

秋の日、たまには詩集をひらいてみようかな・・・

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年10月12日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : naomi-room