コミュニケーション上手へのひと工夫

花冷えという美しい季語がありますが、桜の咲くちょうど今頃、気温が安定しないものですね。

暖かくなったと思って油断していたら、急に冷え込んだり、一日の温度差にとまどったり。

毎年この時期に感じることです。

 

今日から4月。

多くの方が、学校や仕事上で、また地域で、新たに人との出会いを経験する時ではないでしょうか。

コミュニケーション技術を味方につけて、新しい出会い楽しみたいですね。

 

アメリカの心理学者 メラビアンは、人が発するメッセージを「表情」「音声」「言語」の3つに分けて、

それぞれが与える印象の強さの割合を、実験で導き出しました。

その結果は次のようなものです。

表情(視覚情報) 55%

音声(聴覚情報) 38%

言語 (言語情報) 7%

人が発しているメッセージは、言語(言葉そのもの)よりも、その時の表情や声の調子ほうが、より相手に

強い印象を与えているということなのです。

ただしこの実験は、限定された状況下(話し手が好意や反感について語っている時)で行われたものであり、

別の状況下では、これらの等式はあてはまらない、とメラビアンは言明しています。

なので、この結果を一般のコミュニケーションに単純にあてはめることはできません。

しかし、言語以上に表情や声の調子が人のコミュニケーションに大きな影響を与えていることを、

この結果は私たちに伝えていると思います。

 

初対面の人に「どうぞ、よろしくお願いします」と挨拶をする時、言語と共に発せられている非言語の部分、

例えば 視線、笑顔、姿勢、仕草、身振り、声の大きさや強さ、トーンや話す速さ、数え上げればきりがない

いろんなツールで、多くのメッセージを発しているのです。

目は口ほどに物を言う・・ということわざもありますね。

加えて、服装やヘアスタイル、身だしなみなどもメッセージ性の高い、重要なツール。

 

「第一印象が大切」とは 一般的によく言われることです。

それは、後々の関係にまで影響を及ぼすから、ということでしょう。

つまり、その人との関わりで後から得た情報は、すでに持っている印象に合う形で解釈され、取り入れられるためだと

考えられます。

 

縁あって出会った人と、望ましい関係を築いていくために・・・できれば好印象を持ってもらうために・・・

言葉はもちろん、表情、声の調子、しぐさなど少し意識してみませんか?

同じ「ありがとう」でも形式的に言葉を発しているものと、そこに笑顔や思いのこもった目の表情などが

加われば効果100倍!!

私たちの身体そのものが、コミュニケーションの源泉なのです。

evt007

自分が発しているメッセージを意識すること、また相手が身体全体で発しているメッセージに繊細であること・・

コミュニケーション上手になるために、大切にしたいですね。

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年4月1日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : naomi-room