もし上手くいかないのなら、何か違ったことを・・・

4月から新しい仕事を始め、月に数回、通勤混雑時の電車に乗っています。

ドア付近まで人があふれ、うかうかすると、乗り損ねてしまうほどの混雑です。

乗ったら乗ったで、自分の意志で立っているというよりも、人の身体の圧力の中に身を任せるしかない状態。

岡山育ちで都会の通勤ラッシュの経験がない私は、とてもストレスに感じていました。

 

昨日の出勤時にふと頭に浮かんだ言葉・・・

「もし上手くいかないのなら、もう繰り返すな、何か違ったことをせよ。」

これはアメリカの天才的といわれた催眠療法家、ミルトン・エリクソンの流れをくむ心理療法、

ブリーフセラピー(短期療法)のアプローチの一つです。

 

私はホームに降りるいつも使っている階段ではなく、逆側にある階段を降りてみました。

そして初めて乗る先頭車両に・・。ここも前回までの場所と同じように人々が列をなしています。

電車が着きました。ここで前回までの場所とは違った光景が・・・。

電車の中、若干人が少ない感じ。そしてこの場所ではホームの駅員さんがアナウンスしてくださるのです。

「皆様、あと一歩ずつ中の方におつめください。」

その結果、列をなしていた人々は電車の中にスムーズに吸い込まれていきました。

先頭車両で一番端のためか、目的地まで新たに乗り込んで来る方はほとんどいません。

今までになく圧迫感のない快適な通勤となりました。

次回も先頭車両に乗ろうと心に誓うのでした!!

 

ブリーフセラピーの中心哲学となっている、以下の3つのアプローチには時々助けられます。

ご参考までに・・・

  1. もし上手く行っているのなら、それを直そうとするな。
  2. もし一度上手く行ったのなら、またそれをせよ。
  3. もし上手く行かないのなら、繰り返すな、何か違ったことをせよ。

ちなみに今日私は、耳鼻科で花粉症のための薬をもらってきました。

昨年もその薬出して頂き、私の症状に合う薬です。

「もし上手く行っているのなら、またそれをせよ。」ですね!!

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年4月26日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : naomi-room