芽が出た!

11月に蒔いた、スイートピーの芽が出ました。

蒔いて何週間たっても、芽が出ないなー

きっと蒔く時期が遅すぎたのね・・とあきらめていました。

 

年は明けて、雪が何度も降って、極寒に震えるある日、ぴょこりと芽が出ているではないですか!

ひとつ、ふたつ、みっつ・・・全部で五つの芽。

うれしいっ!!

 

自分で蒔いた種が、芽を出した時のこの喜びはなんなんでしょうね。

理屈ではない、命の根源に結びついているような喜び。

 

古事記にこんな話がでてきます。

長旅の途中のスサノオが、オホゲツヒメという女神に出会い、何か食べさせてほしいと頼みます。

ヒメは美味しいものを次々とふるまってくれますが、不審に思ったスサノオは、調理の様子をそっとのぞいてみます。

するとヒメは、口や鼻や肛門などから、食べ物を出していたのでした。

怒ったスサノオはヒメを殺してしまいます。

するとその亡骸から、蚕と五穀の種がこぼれ落ちます。

粟、小豆、大豆、稲、麦。

スサノオはこれらの種を持って、人々に実りをもたらす神として地上に降りるのです。

日本の農耕の起源のエピソードですね。

 

種から芽が出る。

それは実りへとつながり、おいしいごちそうとなる。

人の生存欲求に直結していますよね。

 

だから芽を見つけたとき、こんなにも心がヨロコンでいるのね・・・

妙に納得するワタシです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年2月24日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : naomi-room