ワインの幸せ

 

先日実家に眠っていた赤ワインを何本かもらってきました。

 

その時の兄との会話

私「最近はワイン飲まないの?」(部屋の隅でほこりをかぶっているワインたちに目をやりつつ・・)

兄「うん、ワイン好きと思われとるから、みんなくれるんだけどね・・・最近はそこまで飲まない・・」

私「ふーん、こんなにあるのに勿体ない・・誰か好きな人にあげたら?・・」

兄「あ、よかったら持って帰る?」(私の下心はお見通しのよう・・)

私「え~ いいのお~」

私の会話、完全に裏面的交流になってます(‘Д’)

(裏面的交流→表面的なやり取りの裏で、別の隠れたメッセージを伝えること)

 

量は飲めません。

せいぜいグラスに2杯まで。

好みのお料理を何品か準備し、いそいそとワインを開ける幸せ。

私のテキトー料理でもワインがあると、格段においしくなるから不思議です。

最近のお気に入りは、湯煎で作るローストビーフ。

失敗なく、おいしく、安くできるいいことだらけの科学実験をしているような料理。

手軽なチーズやクラッカーも常備しています。

 

家族任せにしていたコルク抜きも自分でできるようになりました。

5年ほど前だったか、ひとりの夕食の時に飲みたくなり、「意地でも飲んでやるー」とコルク抜きに挑戦。

ネット動画を見つつ、悪戦苦闘の末、なんとか自分で開けれた時の嬉しさといったら!

それ以来、飲みたいときに一人でも飲む自由を手に入れたのでした。

 

ワインの良し悪しはわからないし、勉強する気もないけれど、口に合うワインと出会ったときは、「ああ、おいしい」と自然に言葉がでます。

それだけで十分。

日々の雑多なことはとりあえずおいといて、とりあえず今宵は料理とワインを。

そんな時間が、私にとってはとてもいいひと時になっています。

とても自分が幸せと思えて、周りへの感謝も湧いてくる。

自分で言うのも何なんですが、いいお酒ですね~

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年4月28日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : naomi-room