前の家

不思議な話、怖い話、大好きです。

とりわけ自然を舞台にしたものとなると、もうスルー出来ない。

私の好きな本「山怪」シリーズに、この夏「山怪弐」が文庫本で出たので、いそいそと買ってきました。

以前にもブログでこのシリーズ、紹介したことがあります→コチラ

 

今回の「山怪弐」には、いわゆる出る家とか霊の通り道になっている家など、家に関する実話も載っていました。

うちの家族が以前住んでいた家ももしかしたら、そういうたぐいの家だったかも知れません。

その家は築40年の洋館で、ひとめ見て何となく惹かれるものがあり、数件の社宅の中から選んで借り受けました。

古いながら、「なんかこの家良いね」と言って、みんなよく遊びに来てくれました。

当時遊びにきていた幼い子で、なぜか一階の廊下を異常に怖がる子がいました。しかも二人も。

二人ともうちの子の、それぞれ違う友達の妹で、お姉ちゃんとママと一緒に遊びに来ることがあったのです。

それまで機嫌よく遊んでいたのに、廊下に出たとたん、おびえて泣き出す。

お部屋よりも暗いからかな?と一瞬私は思ったのですが、その子たちのママ曰く、「この子見える体質みたいで…」

ええーッ えーッ そ、そうなの? ( ゚Д゚)( ゚Д゚)

 

ちなみにこの「幼児、廊下でおびえる事件?」は、別々の機会に起こったことで、二人のママは知り合いではありません。

偶然にしてはあまりに同じようなことが、別々の娘の友達の妹に起こった。

我が家は出る家だったか…

もしくはこの廊下は霊の通り道?

そう思った私は、それ以来廊下の薄暗がりを抜けるとき、「すみませーん、ちょっと通りまーす」と見えないどなたかに向かって声をかけるようになりました。

特に我が家に悪いことも起こらないので、悪いものではないと思いましたし、何よりうちの家族が感じない体質でよかった…(と思ってた)

その家には13年ほど住み、8年前に今の家に引っ越しました。

引っ越し後のある日、家族でミステリー番組を視ていた時のこと、娘がポツリと「前の家で、こんなことあったよ」と話し始めました。

うちの家族は何も見ていない、霊感はないと思っていたのに、娘は不思議な体験を数回していたのです。

彼女曰く、その時は怖すぎて口にも出せなかったのだそう。

 

数年前にその家は倒されて、今は新しい家が建てられ、若いご家族が住んでいらっしゃるようです。

今でも何かあるのか確かめようがありませんが、あの家にいたかもしれない、通り道にしていたかもしれない方々は、どうなってしまったのかちょっと気になるところです。

最近知ったのですが、名古屋の北東に位置するこの土地は、かつて縄文、弥生、中世頃の大きな遺跡が発掘されていて、竪穴住居跡、甕棺墓群、おびただしい土器や石器が出土したそうです。

住所的に前の家ドンピシャのあたりだということもわかりました。

前の家に本当に不思議な現象があったとして、それが古代の方々に関係あるとしたら、恐怖よりもロマンを感じます。

時を超えて、ご縁がありますね、みたいな。

 

 擬態しているつもりかな…バッタくん。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です