庭木の手入れ

名古屋は雨模様。

庭の草木が喜んでいます。

 

さて、生活感あふれるこのノート。

子供の学習帳の再利用、「庭木の手入れ」の文字もたどたどしく・・・

我が家の庭の樹木別に、季節ごとの手入れをまとめています。

 

引っ越し前からある樫やナンテンに加え、自分たちで植えたトネリコ、オリーブ、バラ、ドウダンツツジ、ソテツ、トキワマンサクなどなど。

計画性なくその時にたまたま目についたものを、テキトーに足していったので、まるでごった煮のような庭です。

植えてから、”こんなに大きくなる木なんだ~”とかいろんなことがわかってきて、テキトーさを反省しました。

数年後の姿とか、季節ごとの姿とかを見越して植えるべきだった・・・

 

でも縁あってうちの庭にきて、根付いてくれた木たち。

それなりのまとまりのある庭に、との思いで、季節ごとに自分で剪定してみます。

それがなんとも楽しいのです!

ひたすらにチョッキンチョッキン。

 

昔、実家がお世話になっていた庭師さんの言葉を思い出しました。

「わしはこの仕事が好きでなあ、寝ても覚めても仕事がしとうてたまらん。休みの日がなければと思う・・」

軽快なはさみの音を響かせながら、にこにことおっしゃったものでした。

 

そんなことを思いだしながら、チョッキンチョッキン。

心がすうっと解放されていくような時間です。

 

アジサイが雨でイキイキ

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です