庭にお客様

お昼に帰宅して門扉を開けると・・・

ひょこひょこと歩いているものが・・・

キジバトの雛です!

 

ひと月前くらいでしょうか。

樫の木にキジバトが巣をつくっている様子だったのですが、庭の水やりをしていた家族が、ある時うっかりして勢いよく放水。

バタバタバタと、あわてて親バトが逃げてしまいました。

巣に卵があったのではないか・・・気になっていました。

キジバトは警戒心が強く、簡単に卵や巣をあきらめてしまうからです。

 

 

よかった~

ちゃんと産まれて巣立ったのです。

それにしてもなんてかわいい。

そっとしておかねばと思う一方、ついつい庭に様子を見に行きました。

ひょこひょこ歩いているかと思えば、日陰をみつけて休んでいたり。

 

夕方には姿が見えなくなっていました。

ちゃんと飛び立ってくれたことを祈ります。

 

鳩にまつわる思い出。

子供の時、伝書バトが家に迷い込んできたことがありました。

ケガをしているようです。

多分飛んでいるときに、鷲か鷹かに攻撃されたのでしょう。

家の軒先の梁をしばらくの宿と定めたようで、傷が癒えるまで、2~3週間滞在しました。

最初ベトベトだった糞が、だんだん健康なものとなり、元気になっていくのがわかりました。

そしてある日、元気に大空へ飛び立っていきました。

任務の再開ですね。

 

傷を負っても、ちゃんと自分で養生し、再生するたくましさ。

子供心にも、鳩に備わった叡智に感心しました。

 

住宅地の中にある我が家にも、山鳩、カミキリ、テントウムシ、蝉、トカゲ、日々たくさんのお客様。

どんな場所でも、目をひらけばセンス・オブ・ワンダーです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です