箱庭は語る

カウンセリングオフィス+αさんの3周年祭 箱庭療法体験会に参加させていただきました。

お二人のセラピストに見守っていただきながら、自由に作品を創ります。

 

まず、手作りの箱に自分で好きなだけの砂を入れます。

砂遊びの感覚で、砂の感触を感じながら、模様をつくったり、山にしてみたり。

次はアイテムを置いていきます

たくさん並んだアイテムの中から、気になった物を持ってきて、置きたいと思ったところに置きます。

うーん、ここじゃない、やっぱりこっちかな・・

 

角笛、木像、万華鏡のようにきらきら光るプレート、エキゾチックなお面、恐竜、動物、蛇、魚、鳥

仕上げにに花びらや鳥の羽をひらひらと天から降らせました。

 

できました!

 

セラピストのお二人と作品をみていきます。

テーマも意図ももたず、その瞬間の感性の積み重ねでできた作品です。

ただ、途中からネイティブアメリカンのような、大地に根差した世界観を感じていました。

大地と太陽、生物、植物、あらゆるものが時空を超え、分けられることなく、つながって生きている。

そんな宇宙観が反映された作品なのかな~というところに落ち着き、体験終了。

 

が、一夜明けて、はたと気づいたのです。

ここに表れているのは「鎮魂」ではないか。

砂を盛って、その上に象徴的なものを置く。

半分砂に潜っているものもある。

動物たちはそれぞれの場所で、安らかにたたずんでいる。

天からは、花びらや鳥の羽がふわりふわりと、優しく砂の上に舞い落ちる。

プロセスの一つ一つが、大地や幾多のの魂を弔う作業のようにも思えます。

 

深層が現れた・・・

そう感じました。

 

ふふふ、今頃気づいたの?

正面に座ると、じっとこちらを見つめている懐かしい顔。

赤いダルマに母の面影が・・

昨日は亡くなった母の誕生日でもありました。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です