手を動かす

自分の手で何かを作ることが好きです。

この秋は、コーディロイのブラウスを2着作りました。

 

 

こんな簡単なブラウスとはいえ、自分の手で物を作り上げることには喜びがあります。

 

芸術家のクマさん(篠原勝之さん)のお母さんは、クマさんが上京する際に、

「寂しくなったら手作業をしなさい。動かしていると寂しくなくなるから」とおっしゃったそう。

以前伯母も似たようなことを話してくれました。

辛いとき、後から振り返ると、ひたすら縫物をして過ごしていた、それで乗り切ることができたのよって。

 

寂しい、辛いに限らず、なんとなく心がすっきりしないとか、なんか冴えない時ってありますよね。

私は手を動かすことが、とても自分を整えてくれるような気がします。

 

なぜなのでしょう。

 

私なりの考えなのですが、理由の一つに「気」が関わっているのではないか。

手のひらは体の中でも一番「気」が出ている場所と聞いたことがあります。

「気」=「生命エネルギー」と言い換えてもいいのかも知れません。

手を使うことによって、気(エネルギー)が活性化され、整えられたり、元気が出たりするのでは……

この仮説どうでしょうかね。

気功師さんとか専門家に会ったら、ぜひ聞いてみたいと思います!

 

ものを創る過程は、とても奥深いものだと感じます。

一つ一つの作業は、やがて全体へとつながり、その一連のプロセスにすうっと一筋の線が通っているようだと、「いいものができた」と思える。

その基本になっているのは、「手を動かす」こと。

 

どんな単純な手作業もバカにしてはいけない。

どんなこともこの世の真理に通じていると、最近思うのです。

 

さて、そろそろ夕食の準備に取り掛からなければ…

今から台所でせっせと手を動かしまするヽ(^o^)丿

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です