ゆとりを持って

もうそろそろ、走るおばさんをやめたい…と切に思います。

 

時間にぎりぎりの行動ゆえ、駅まで異様な速足となり、点滅の青信号を走り抜け、駅の階段を駆け上がる羽目になります。

毎回ではない、でも5回に一度はこうなってしまう。

スタートがこうだと、その日一日なんとなく落ち着かない感が、自分の中で漂ってしまうこともあります。

折角の一日がもったいないです。

 

なぜ、こんなぎりぎりの行動になってしまうのか…

私の場合、着ていく洋服に迷うことが、しばしば原因です。

その日の気分で、この服とこの服にしよう、と着てみる。

そして鏡を見ると、ちょっと気分と違う、スカーフがうまく結べない、上着とのバランスが悪かった、などの想いが湧いてくる。

「ま、いいや。今日はこの服」で済ませられるといいですが、私の場合、ここから戦いが始まるのです。

別のスカートにはき替えてみる、いや、これも変、パンツにしてみる、あーバランスが悪い、いっそのこと上を変えてみよう、あーこれでは首元が寒い、合う巻物はどれだー、終わりのないゲームが始まってしまうのです。

やれやれ、やっと決まった!と思って上着を羽織る。

がーん、上着とのバランスがとっても悪いよう( ;∀;)、どうすりゃいいの私…(泣)

 

ちなみにこれらの作業は一階と二階を駆け足で往復しながらというハードワーク。

二階にクローゼットと箪笥があり、全身が映る鏡は一階にしかないという構造上のロスゆえ。

こんなことしてるから、ぎりぎりになるのです。

 

いつも何やっているんだろうな~と自分で思います。

前の日に翌日の服を準備しておくという方がいますが、あれがどうもできないのですよね。

明日の気分はわからない、明日の天気はわからない、明日のことは何もわからない。

 

けれど、そろそろ走るおばさんは卒業したい。

新年は、ゆとりを持ってもう少し落ち着いた大人になりたい。

年の瀬のささやかな抱負です。

 

メリークリスマス★ 素敵な一日を(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です