2匹のアカヒレ

こんな日がこようとは…

冬の日に寄り添う、仲良しアカヒレ2匹。

ほんの数か月前まで、とても仲が悪く、見ていてハラハラしていたのです。

大きいアカヒレが小さいアカヒレを、追いかけまわし、攻撃し、餌を独り占めし…

小さいアカヒレはどんどんやせ細る。

 

大きいアカヒレはもともとは弱い子でした。

数年前、背骨が曲がる病気になってしまったのです。

そのころはまだ5~6匹のアカヒレがいて、その中で背骨のまがった彼は弱い個体となってしまい、どんどんやせ細ってきました。

不憫に思った私は、がぜんこの子をえこひいきし始めたのです。

餌をやるときは、この子めがけてまく。

「たくさんお食べ、元気になあれ」と言いながら。

そのおかげか、そのうち彼はまるまると太って、一番大きくなりました。

そしてだんだんわがままになっていきました。

水槽のギャングのように、周りのアカヒレを蹴散らし、攻撃するように…。

 

そんな中、他のアカヒレたちは次々と寿命を迎え、今は9年の長生きをしているこの二匹だけに。

小さい子はこの数年、大きいアカヒレの攻撃を一身に受けて可哀そう。

以前大きい子をひいきしていた私は一転、小さい子をひいきするようになりました。

 

餌は小さい子めがけてまく。

凶暴な大きい子の背中を指でチョンとつついて威嚇する(大人げない…(*_*;)

小さい子を守るため、ガラスの板で水槽に仕切りを作ってみる。

いろいろやってみたものの、効果なし。

もうほおっておくことにしました。

小さい子、ごめんね…と思いながら。

 

そしてしばらくの時が過ぎました。

すると、あら不思議どうしたことでしょう、いつのまにか2匹は仲良しに。

 

何とかしようと、あれこれ手を出していた時は、なんともならず。

あきらめて手をはなしたら、いつの間にか彼らは仲良くなっていたというお話でした。

 

こういうことって人の世界にもありそうですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です