はぐれくん

素敵な絵本に出会いました。

 

はぐれくん、おおきなマルにであう

シェル・シルヴァスタイン 村上春樹訳

 

この上なくシンプルな絵と文。

それでいて、ココロにずしんと語りかけてくる。

 

はぐれくんは私。

自分を重ねながら、たちまち引き込まれました。

 

はぐれくんのそばにやってくる、それぞれ勝手ないろんなものたち。

自分の人生にも、今の社会にも、思いあたることばかり。

 

はぐれくんといろんなものたち。

どちらも自分には足りないものがあると思っていて、ピッタリな他のものでうめようとするが、うまくいかない。

 

そしてはぐれくんはある日、ちょっと見かけの違うものと出会う。

それはおおきなマル。

おおきなマルは、はぐれくんに大切なことを示唆してくれる。

そこからのはぐれくん、すごいです。

 

読み返すたびに、新しい発見があります。

この一冊で、人生の一番大切なことがすべて語られているほどの、哲学的な絵本だと思います。

100人の読者がいたら、100のはぐれくんと100のおはなしの世界がひろがることでしょう。

 

誕生日に娘が送ってくれた絵本です。

娘もはまり、お互いに思ったことを話し合うのもいい時間でした。

 

村上春樹さんの訳がほのぼのと温かく、とてもよいです。

本屋さんでみかけたら、ぜひぜひページをめくってみてください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です