春のトンボ

ある朝、玄関前の床にトンボがいました。

この時期に珍しい…

逃げもしないでじっとしている。

よくみると、1枚の羽根の先が傷ついて、飛べないようです。

トンボにとっては致命傷。天敵から逃げることも、餌の虫をとらえることもできない。

 

助けたいけれど、どうすることもできないです。

せめて水をあげたいと思い、木の葉を水でぬらしてそばにおいてみました。

しばらくして見に出ると、2~3歩前進して葉っぱにつかまっていました。

夜はまだ随分冷え込みます。

コンクリートの床は冷えるだろうと、カーネーションを植えた鉢にそっと移動させました。

日に2~3回、水でぬらした草や葉をそばにおいてやり、時々そばで過ごすことしかできなかった。

 

三日目の夕方、死んだなと思った。

そっと触れても、動くことはなく、目から光が消えていました。

よく頑張ったね…

 

翌日の朝、庭に埋めました。

これから次々と花を咲かせるスイートピーの根元がいい。

次に生まれてきたら、大空をぐんぐん飛ぶのだぞ。

 

思えば不思議です。

飛べない羽で、どうやって我が家の玄関までたどり着いたのか。

ヤゴからふ化する時に失敗して、羽が傷ついたのかも知れない。

でもうちのすぐ近くには、ヤゴが生息するような水辺もない。

 

それまでの短い生について、トンボは教えてくれなかったけれど、最後に来てくれたのがうちだった。

ちょっと嬉しかったよ。

春のトンボが確かに生きたこと、私は忘れない。

 

 うちの庭には、生き物がいっぱい埋まっている

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です