巣ごもり生活

もともと、出かけることは好きでです。

わざわざどうでもよい用事を作って、出かけることもあったほど。

出かけるために出かける、みたいな…

そんな私が、今回のステイホームではすっかり巣ごもり生活に……

おまけに家族もテレワークやら、リモート授業やらでほぼ家にいる。

 

始めのうちは、勤勉な家政婦のように、家族優先で家事をすすめる毎日。

それぞれの家族の予定に合わせてお昼を準備する、仕事や勉強の邪魔にならないよう掃除機をかけ、その他もろもろの家事をこなす。

そして自分の仕事はセーブする心境になっていた(外出自粛の影響もありましたが)

この生活の変化は、やはりストレスだったみたいです。

それまでは、昼間一人でソファでくつろぎ、好きな本を読み、録画番組をみる、好きな時にテキトーなお昼を食べる。

一人の気ままな時間に、思いのほか癒され、仕事することで力をもらっていたんですね。

 

このままではちょっと辛いかも…と思い始め、ちょっと切り替えました。

希望を素直に言ってみると、あっさり呑んでくれたりして、なーんだ、自分が難しく考えていただけじゃん、ということいくつもありました。

私にとって仕事をすることの大切さにも改めて気づけた。

陸に上がったカッパが、水の中に戻った心境。

 

家族が譲り合いながらも、それぞれが居心地よくいられる、好きなことができること、とても大切。

誰かの我慢の上に成り立っている生活は、家族全体にとって無理があるし、いつか歪みが出てくるもの。

こう考えてると、今の非常事態に限ったことではないですね。

家族みんなが寛容さを発揮して譲り合い、そして主張するところは遠慮せず、話し合いをいとわない。

家族内コミュ力が磨かれるといいなと思います。

 

コロナ禍のもたらしたものは、とてつもなく大きい。

刹那的な外での楽しみや、とりあえず流れていた毎日があたりまえではないことがわかり、みんな自分の内面に向き合わざるを得なくなった。

自分が何者であるか、何が大切なのか、今まで何に目を背けてきたのか…

五感を研ぎ澄まして、自分を、世界を見ていかなければ。

 

おうちランチ  生ハムのフォカッチャサンド

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です