牛に引かれて・・

猛暑が続いています。

 

実家の父が、4週間ほど前に体調を大きく崩し、病院への入院を経て介護施設に入所しました。

今年のこの猛暑、父があのまま家にいたなら、どうなっていただろうと思います。

兄が一緒に住んでいるものの、昼間は一人になるので見守る目がなく、自分でエアコンを使うこともしない人です。

その意味でもぎりぎりのタイミングで施設に入れたことは感謝です。

私も帰省して施設見学などに立ち会いましたが、病院の方、施設の方が、遠方から来ている私の事を考え、仕事の枠を超えて便宜を図ってくださったりなどして、とても助けられました。

父は海が大好きであることを話していたら、海の見えるお部屋を準備してくださったことも嬉しいことでした。

 

離れているので、施設に入ってからの父の様子は兄からの情報だけが頼りです。

「施設でどんな風に過ごしているかな」とか、認知が進んでいると聞くと、「もっと頻繁に帰った方がよいか・・」などといろいろ考えます。

 

そんな中、昨日夢を見ました。

既に亡くなっている母が夢に出てきて、私も一緒にカウンセリングを受けようとしているような夢。

セラピストは今までに会ったことのない、男性セラピスト。

何故か、そばに牛がいて、牛本来の姿からは、ありえないポーズで、こちらに何か伝えようとしているようです。

そこで目が覚めたのですが、とても意味のある夢に思えたので、どういうことかしら・・とちょっと考えてみました。

 

特に牛が出てきたのが印象的な夢。

禅の悟りの境地を表す「牧牛図」、最近本で目にしたので牛が出てきたのか・・

そして「牛に引かれて善光寺参り」ということわざが頭に浮かびました。

意味は、「他人の誘いや思いがけない偶然で、よい方面に導かれることのたとえ」だそうです。

今まで会ったことのないセラピスト、ありえないポーズの牛、これらが意味することは何?・・・

ふむふむ、きっと偶然の成り行きや、新しい何かにゆだねていいってことか。

悩んでカウンセリングを受けようとしている私は、一人じゃない、母が一緒です。

亡き母をはじめ大きなものが見守ってくれているということでしょうか。

牛といえば、兄は丑年です。

牛のようにどっしりと強く、道を知っているのかも知れません。

兄に引かれて、私はついて行けば良いのかなと思えたのでした。

 

日々、父の事など考えます。

こうやって夢やら、人やら、偶然やらに助けられながらやっていくのでしょうね。

 

  

毎年ベランダで見かけるカミキリ、庭の木を棲みかにしているよう

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です