父の退院

介護施設に入所している父が腹痛を訴え、それが急を要するものだったので、大病院に緊急搬送されて手術を受けました。

 

先週、術後の父を見舞うため、名古屋から岡山、日帰り予定で急きょ帰省したのでした。

病院に着くと、看護師さんが、開口一番「昨日から調子が悪いんですよ」

ぐったりとベッドに横になっている父、食べてももどしてしまうということで、絶飲食。

一瞬目を開けても、すぐにこんこんと眠ってしまう。

こんな父を残して、日帰りで帰るには忍びないなあと思っていたら、翌日の用事の調整がつき、急きょ実家に一泊して次の日も見舞うこととしました。

翌日にはかなり持ち直し、レントゲンの結果も良好、歩行器でそろそろと歩くほどの回復ぶりで、少し安心して岡山を後にしたのでした。

 

そして昨日、兄から電話がかかり、無事退院して地元の病院に移ったと報告がありました。

兄の声は疲れの中にも、安堵感。

ちょっと驚いたのは、父が兄に手を握ってくれ、と頼み、兄がそれに応えたことを話してくれたことでした。

「ほんま、わがままな弱いヤツや、しょうがないから、布団の上から握ってやったわ」(やれやれと言った感じで)

あの距離のある二人の間に、こんな一瞬があるとは。

 

人が回復する力を助けるものは何だろう・・と思います。

薬や治療だけではないはず。

父は、看護師さんがケアなどで病室にきてくださると、「ああ、よう来てくださった」と本当に嬉しそうに言いました。

話しかけてもらえる、注意を払ってもらえる、人の存在がとても力になったのではと思います。

 

私も二日間でしたが、父の望むまま車いすで病院の廊下を連れ回り、身体をさすり、手を握り(私にもたびたび手を握ってくれと頼んだ)父の訴えに耳を傾けました。

兄も休みの日は、病院に顔を出してくれたようです。

(父は認知症が進むにつれ、とても兄を求めるようになり、息子はいつ来る?と看護師さんに聞くばかりして困らせたらしい)

そして待ちわびた兄の顔をみて、ありえないことに手まで握ってもらったたこと・・・

私はちょっと嬉しい。

 

これからも大変だろうけど、とりあえず今日は感謝。

 

  この酷暑にもバラは咲く

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です