病院へ行く色

今日も名古屋は猛暑日です。

庭のバッタたち、元気にぴょんぴょん跳んでいます。

 

ここ2か月ほどの間、たびたび病院に行く機会がありました。

父の3度の入院、娘の検査の付き添いなど。

病院に行くとき、黒い服、暗い服は着ないようにしています。

 

20年ほど前の話ですが、入院中の大叔母を見舞った時のちょっとした後悔があるからです。

大叔母の入院していた病院は、私の職場のそばだったので、軽い気持ちで仕事帰りに寄ってみたのですね。

病室にはいると、元気で迎えてくれるはずの大叔母は思いもかけず、昏睡状態になっていたのです。

予想していないことでした。

数日前まで元気だったのに急に病状が進んでしまっていたのです。。

付き添っていた大叔母の長女がぽつりと言いました。

「急にこんな風になっちゃった・・せっかく来てくれたのにね」

 

その時の私の服装、グレーのワンピースに黒いブレザーを羽織っていました。

朝仕事に出かけるときに、玄関で見送る母に「お葬式に行ってきます」とふざけて言いました。

自分でもその日の服が、暗くて地味だなと思い、思わず口に出たのですね。

 

その数日後、大叔母は帰らぬ人となりました。

あの時、なんであんな暗い服で行ってしまったんだろう。

縁起を担ぐわけではないけれど、喪を想起するような恰好で行ったことを悔いたのです。

 

とても力になってくれた大叔母でした。

大叔母にとっての実家、私の家のことをいつも気にかけ、必要な時は躊躇なく動いてくれました。

「私とあなたは年も随分違うけど、心はよく通じるのだから、なんでも話してね」

そう電話で伝えてくれた時の声が、今でも耳に残ります。

亡くなって尚、見守ってくれている、力になってくれているという感覚がありますね。

 

話がそれましたが、そんなこともあって、病院に行くときは明るめの服を着ることにしています。

特にお見舞いに行く時などは、目に優しい明るめの色彩の服で。

入院中は不安だったり、思うようにいかなくてイライラすることも多いものです。

目にする色が暗いと、よけい気が滅入ることもあるかと思うのです。

 

 

   今年もお盆の終わりは花火の送り火。コンビニに買いに走りました。

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です