Who are you?

Who are you?

とあるお団子屋さんの前で、いきなり聞かれました。

10歳くらいの女の子の二人連れ。(見かけは日本人だけれど、日系人か外国の子でしょうか??)

 

ん?どういうこと?

とっさにとまどう私、名前を聞かれてる?それとも職業とか?

試しに名前を言ってみた「My name is ……」

が、先方いまいちピンときていない反応。

それではと、こちらからも聞いてみた。「Who are you?」

連れの子の方が「I’m  ラビット」

は? 自分を動物に例えろと?? 猫がいいかな、ヘビにしようかしらん……

考えているうちに、先の問いかけてきた子が言ってきた。

「It‘s メイ」

「あ~メイちゃんね。」

とりあえず会話が成立し、ちょっと安心したところで、二人は公園の方に走り去っていきました。

 

このお団子屋さんに来たのは2回目だったのですが、1回目もちょっと面白いことが……

向かいの公園から、突然走り寄ってきた、11~12歳くらいの男の子。

いきなり私の目の前30センチににょっきりと顔を出し「再来週の火曜日は祭日ですか?」だって。

「うーん、スケジュールノート、今持ってないよう」ってあたふたしていたら、一緒にいた娘がスマホでチェック。

再来週の火曜日が祭日とわかった。

「ほら、やっぱりそうだろ」と言いながら、2人の男の子は一瞬で走り去った(後から2人来て最終的に3人連れだった)

一瞬で、30センチの目の前に現れ、一瞬で去る。(これが現代の「陽キャ」といわれる子たちか……)

パーソナルスペースも、見知らぬ人と言う壁をも、ものともしない。

残されたのは逃げ遅れた(?)男の子が一人。

春の日差しのなか、彼と私と娘、3人で曖昧に微笑みあうという、シュールな光景となったのでした。

 

この2回の出来事が面白くて、しばらく一人楽しんでいました。

Who are you? 時々思い出して自分に呟いてみたり…

Who are you? Who are you? Who are you?

「お前はいったい何者か?」

はたと思いました。

これは齢50をとうに過ぎた私への、とても深い問いかけではないかと。

お前はいったいこの人生において何をするものぞ……

私は何者なのだろう。

 

 これは自作のお団子 ぼたもち。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です