スプリングコンサート

第22回 タイホウグループ スプリングコンサートに行ってきました。

(指揮) 小林研一郎さん  (管弦楽) 名古屋フィルハーモニー交響楽団

DSC_0013

タイホウグループさんの地域文化振興への貢献ということで、毎年春に開催されるクラシックコンサート。

応募して当選すれば、無料で招待して頂けるという、なんとも有難いコンサートなのです。

 

今年もよかったなあ。

 

音楽は人と人が深いところで繋がることができる。

200年も前に亡くなった作曲家、その世界を甦らせる演奏家と聴衆、それぞれの人につながる故人とも。

 

私は音楽の素養がないので(残念なことに)、知性で聴くのでなく、身体で聴くタイプ。

意識のレベルを下げて、ふわ~と自分の内の感覚を感じている。

外から入ってくる音に自分の中のリズムが呼応し、イメージが拡がり・・・。

異国の風景、過去の思い出、故人のこと。

懐かしさ、傷み、切なさ、喜び、怒り、自信、瞬間瞬間にそれはもういろんな感情を体験しています。

このことは人にとってきっとすごく大切なことなんですね。

 

演劇や音楽がなくても物理的には生きていける。

けれども人は劇場に足を運びます。

 

さて、私はあまりに意識を下げすぎたのか、休憩時間にバッグを座席に置いたまま悠々とトイレに。

現実も忘れてはいけませんね~。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です