一人の時間

今年もめでたく誕生日がやってきました。

家族は家を空けており、人生初の一人で迎える誕生日。

それはそれで気ままで良いものです。

燦燦と光がさしこむリビングで、一人ケーキをいただく幸せといったら……

     パステルのイチゴのケーキ

 

年末から、怒涛の如く大波小波がきていましたので、久しぶりにどっかりと腰を下ろした気分。

夜はもちろん、いそいそとワインを開け、一人のささやかなディナー。

おお、満足じゃ…(*’▽’)

 

子どものころから、一人が苦ではありません。

大家族で育ちましたが、離れで一人本を読んだり、庭でアリの巣をあくことなく掘り返したり、一人で遊ぶ子供でした。

大人も忙しくて、程よくほおっておかれたのは、今思うと幸せでしたね。

ひとり想像の世界に遊ぶ時間もふんだんにあった。

内緒の悪いこともした。

小さな嘘もついた。

 

子どもにも守るべきひとりひとりの世界があると思います。

全てに大人の目が届いて、全てが白日の下にさらされたら、たまったものではない。

子どもは大人の知らないところで冒険し、小さな秘密を持ちつつ大きくなるのでしょう。

大人には適当にうまいこと言って、安心させながら。

 

一人の時間、一人の世界は私にとってなくてはならないもの。

庭で一人、アリの行列を眺めていた5歳の私と、今ここにいる私は紛れもなくつながっている。

そのつながっている一本の線のようなもの、それこそが私なのかな……

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です